top sims memo link clap

ドンさんと愉快な仲間達 97


 突然彼等の元へ向かったドンさん。
 
 ドン「おいガキ、立て」

 「なっ?」

 タラ「ドン先生・・・」



 
 「なんだよ!おっさん!!」

 ドン「お前、こいつが気楽に遊びで付き合える女に見えるか?」

 「はぁ?」



 
 ドン「そんな事もわかんねぇで、中途半端な事して女泣かせて偉そうな口叩いてんじゃねぇっ!!」

 おお!ドンさんマジで怒ってます。



 
 ドン「てめぇみたいな奴にプレイボーイを名乗る資格はねーんだよっっ!!」


 え?(^o^;)

 「なんだとっ!うるせーじじぃ!!」



 
 ドン「誰がじじぃだー!!」

 そして乱闘へ・・・。

 タラ「ドン先生っ」

 ディナ「店の物、壊さないでよー」



 
 ドン「誰がじじぃだ!?誰がっ!!」

 こだわります。



 そして、
 
 ドンさん勝利♪

 「痛い・・・」

 ドン「けっ!!思い知ったか!!」



 
 「く、くそ〜」

 ドン「悔しかったらプレイボーイとは何たるか、勉強しろっ」

 ドンさんがムカついたのって・・・もしかして(-_-;)



 
 タラ「ドン先生・・・」

 ディナ「タラちゃん、無駄に感動しなくていいからね」



 
 ドン「よーしスッキリした、帰るぞー♪」

 こうしてバーを後にした3人。



 
 ディナ「じゃあ、あたしは寄るとこがあるから。ドン、タラちゃんを家まで送って行くのよ!」

 ディナさんは一足お先に失礼して。






 
 タラ「あの、ドン先生、すみませんでした。何か・・・いろいろと・・・」

 ドン「んー、まぁいいけどよ〜」



 
 ドン「ちょっと痛い思いしたけどいい勉強になったろ?これからは気を付けろよ」

 タラ「はい・・・・・・あの、ドン先生」



 
 タラ「あたし、やっぱりドン先生が好きです」

 ドン「はい??」

 タラちゃん、振り出しに戻る。



 
 タラ「今回の事って、それを再確認するために神様が与えた試練だと思うんです」

 ドン「お前、立ち直り早いな」



 
 タラ「こんなあたし、駄目ですか?」

 ドン「あ〜も〜、好きにしろよ」

 もう投げやり。

 タラ「はい!そうします♪」



 
 タラ「今日はありがとうございました!」

 ドン「!!!!!っ」

 ほっぺです。



 
 タラ「じゃあ、お休みなさいドン先生」



 
 ドン「・・・・・・おい(-_-;)」

 ドンさん、意外とベタに弱いかも。