top sims memo link clap

ドンさんと愉快な仲間達 95


 今回もステラちゃんのお店から始まります。
 
 タラちゃん泣いてますね〜。



 
 ドン「・・・・・・・・」

 ドンさんはお仕事中。



 
 ドン「うるせーぞタラ子っ!いつまで泣いてんだっ!!泣くなら帰れっっ」

 ディナ「何エラそうに言ってんのよ!あんたの家じゃないでしょ、ここは」



 
 ディナ「大体、タラちゃんはあんたの担当でしょ!責任持ってあんたが何とかしなさいよっ!!」



 
 ドン「何で俺がっ!そもそも担当なら作家の足引っ張るようなことすんじゃねーよっ!!」



 
 ステラ「ドンさん、タラさんのお話し聞いてあげましょう」

 ドン「えっ・・・」

 と言うわけで



 鶴の一声で話しを聞くことに。
 
 ドン「で、ど〜したんだよ。もしかして最近できた彼氏の事で悩みでもあるのか?」

 ディナ「あら!タラちゃん彼氏できたの?」



 
 タラ「あ、あたしだけって言ったのに、彼、他にもたくさん彼女がいたんですっ・・・し、しかも
    もうあたしには飽きたって・・・」

 そして、うんぬんかんぬんと、ひどい仕打ちエピソードが約30分間続き、



 
 簡単にまとめると、

 タラ「要するに遊ばれたんだな」

 ディナ「ちょ、ちょっと!」



 
 タラ「お、男の人ってみんなそうなんですか?う、浮気とか・・・普通にしちゃうんですか?」

 ディナ「それをこいつに聞いちゃうの?」

 ドン「フン、愚問だな」

 偉そうにまぁ(-_-;)



 
 ステラ「・・・・・・・・」



 
 ドン「いや〜、世の中そんな男ばかりじゃないぞ!浮気しない男だって中にはいるだろ!!」

 ディナ「どの口が言ってんの?」

 取り繕うのも大変です。



 
 ドン「で?お前はどうしたいの?遊ばれて飽きたとまで言われて、まだそいつと付き合いたのか?」



 
 タラ「そんなっ冗談じゃないですっ!ただ悔しくて、1発ブン殴ってでもやならいと気が収まりませんっ!!」

 タラちゃん、ちょっと元気が出てようです。



 
 ドン「だったらそいつを1発ブン殴ってスッキリして来い。そんでちゃんと仕事しなさい」

 これでも一応心配している・・・はず。



 
 ディナ「ねぇドン、あんた一緒に付いて行ってあげなさいよ」

 ドン「はぁ??何で俺が」



 
 ディナ「だって相手は男なのよ〜、タラちゃんが1発ブン殴って逆上したらどうするのよ!危ないじゃない」

 それはそーかも。



 
 ドン「知るかっ!そこまで面倒見れるかよっ!!」

 ドンさん、ステラちゃんが見てるよ。



 
 タラ「ドン先生すみません、ご迷惑お掛けして・・・」

 そんな今更。



 
 タラ「あたし1人で大丈夫です。今から行ってブン殴ってきます!!」

 ドン「は?」

 ディナ「え?」

 そして、タラちゃんは



 
 行ってしまった。