top sims memo link clap

ドンさんと愉快な仲間達 83


 
 アルト「あ、ドンさんこんにちは、はい・・・はい・・・」

 ディナさんの弟、アルト君です。 



 
 アルト「えーっ!姉ちゃんが!?」

 ドンさん、たまらずアルト君へチクリました。





 
 リュカ「で?ディナさんどうすんの?」

 アルト「明日、会うみたいだよ〜」



 
 リュカ「え!?何で??」

 アルト「まぁね〜、姉ちゃんもあのとき不完全燃焼と言うか消化不良と言うか、そんな感じだったし
     ケリつけたいんじゃない?」



 
 リュカ「えぇぇ〜、それって火種をきっちり消すってこと?それともまた点くってこと?
     どっち??」

 アルト「また点くってことは無いんじゃないかな・・・姉ちゃんにはリップがいるんだから」

 と、思いますが。



 
 リュカ「なあ、何でわざわざ明日なんだよ、今日でもいいじゃん」

 アルト「今日はジェイソンに用事があるみたいだよ、明日帰る前に少し会うんだって」

 リュカ「ふ〜ん・・・」






 周りの心配を余所に
 
 ディナ「あたし明日ちょっと用ができたから、先にドンの家行ってて」

 なんだかご機嫌なディナさん。



 
 リップ「えっ!?」

 ニーナ「何よ、何の用よ」

 ディナ「と、友達と会うのよっ!」



 
 リップ「・・・友達ですか?」

 ディナ「そうそう!久しぶりに会うのよ〜♪」



 
 リップ「・・・そう、ですか」

 実はリュカからそれとな〜く聞いていたリップ君です。






 そして、パーティ当日♪
 
 ディナ「じゃあ行ってくるわね〜♪」

 やっぱりご機嫌なディナさん。



 
 ニーナ「はいはい、いってらっしゃい」

 リップ「う〜・・・ディナさん・・・」



 
 リップ「ディナさんっ!!」

 おっ!やっぱり追いかけた。



 
 ディナ「なに?どうしたの?」

 リップ「あ、あの・・・」

 行かないで、て言うのかな?



 
 リップ「パーティ・・・絶対来ますよね?」

 言わないんだな。



 
 ディナ「もちろん行くわよ!先行っててね」

 リップ「・・・はい」



 
 ディナ「じゃあ、後でね〜♪」

 リップ「ディナさん・・・」

 友達と会うと言われた以上、行くなとは言えないリップ君でした。