top sims memo link clap

ドンさんと愉快な仲間達 77


 
 リップ君から逃げてきたディナさん。

 「あたしは10代の小娘かっつーの・・・」



 
 「やっぱり、好きになっちゃったんだよねぇ・・・」

 今更。



 
 「・・・・・・・・」

 しばらく思考がどこかへ飛んでってます。



 
 「いやいや、大事なこと忘れてた。あいつは12コも年下なんだよ」

 現実に戻ったようです。



 
 「あたし何で今回こんなに余裕ないんだろう・・・ジェイソンの時はこんなふうにならなかったのに」

 なんででしょう。



 
 「迎え、断ったこと怒ってるかな・・・」

 さぁねぇ〜。



 
 「いやだからっ!そーじゃなくてっ!!」

 考えがあっちこっちに飛んで全くまとまらないディナさん。



 
 「言ってもしょーがないけど、せめてあと5歳、若かったらなぁ・・・」

 そしたらすんなり飛び込めたのか!?
 思考回路はショート寸前!て感じなグダグダディナさん。。

 ちなみに二ーナは今夜はオールで遊んでます。






 
 次の日。



 
 リップ「ニーナさん、おはようございます。ディナさんは?」

 ニーナ「姉さんなら用事あるって出掛けたわよ」

 ディナさん、バックレました。



 
 リップ「・・・なんか、最近のディナさん変だと思いませんか?」

 ニーナ「はぁ?どの辺が?」



 
 「なんか妙によそよそしいって言うか、避けられてるって言うか・・・俺、何かしたかなぁ・・・」



 
 「本人とっ捕まえて聞いてみればいいじゃん」

 今度は逃げられないようにね。



 
 考え中。



 
 リップ「よしっ!今夜もう1度聞いてみようっ!!」

 ニーナ「いざとなると強気だな、あいつ」


 続きます。