top sims memo link clap

ドンさんと愉快な仲間達 61


 
 さーて、2人仲良くお出掛け中ですが・・・。



 
 とあるマンションから飛び出して来た少年。

 ジン「なんだ?」

 エマ「???」



 
 「はぁ〜エマちゃんだぁ・・・。こんなところで会えるなんて・・・」

 エマ「アレキサンダー?」



 
 アレキサンダー「そうだよ!すごい久しぶりだねー!!」

 カサンドラさんの弟、アレキサンダー君です。



 
 「え〜、何で?何でここに居るの?」



 
 アレキサンダー「お姉様1人だと心配だからってお父様に頼まれて、夏休み中はこっちに来たんだ」

 エマ「ふ〜ん、そうなんだ」



 
 「でもこうして偶然にもエマちゃんと再会できるなんて、これってきっと運命だよね!
 そうだ!そうに違いない!!」

 アレキサンダーはちょっとばっかし痛い子である。



 
 エマ「う、運命?」

 ジン「何だこいつ」

 そりゃ引くわな。



 
 アレキサンダー「お前こそ誰だ!そしてエマちゃんの何だ!?」

 いきなり偉そう。

 ジン「何って・・・」



 
 ジン「友達・・・・・・だよな?」

 エマ「・・・・・・うん」



 
 アレキサンダー「なっ何だよー!今の間はーーー!!」

 ジン「気にすんなって



 
 「2人とも本当にただの友達なんだろうなー!?」

 1人、エキサイトしているアレキサンダー君。



 
 「あ〜・・・微妙だな」

 いじめっ子。



 
 アレキサンダー「ちょ、ちょっとエマちゃん!こいつただの友達だよね?そーだよねっ??」

 エマにホの字なアレキサンダー君でした。