top sims memo link clap

ドンさんと愉快な仲間達 58


 
 リュカの家です。



 
 前回、ショッキングな場面に遭遇したドンさん。

 ドン「俺、主役なのにヒドイ扱いだよな・・・」

 最早、立ち上がる気力も無いようです。



 
 アルト「ドンさん、どうしたの?」

 リュカ「んー?知らね」



 
 リュカ「来た時からず〜っとああなんだよ。理由聞いても言わないし」

 アルト「へぇ〜」



 
 リュカ「まぁ兄ちゃんの事は放っておいても大丈夫だから」

 アルト「いや、でもさ・・・」

 心配してやれよっ。



 
 ドン「んん?」

 ドンさん放置でイチャつく2人。



 
 ドン「・・・・・・・・」

 ボケ〜っと眺めていると・・・



 
 甦る苦い記憶。



 
 ドン「ぐあーー!待て待て!!思い出すなっ俺っっ!!」

 もう遅いわ。



 
 リュカ「ちょっと兄ちゃん、もう夜なんだからでかい声出さないでよっ」

 ドン「んなこと気にするなっ!!」

 勝手。



 
 ドン「大体、俺の目の前でイチャ付きやがって!何のつもりだ?イヤミか?いじめか?ゴラァ!!」

 リュカ「俺んちで何しようが俺の勝手だろ?」

 ごもっとも。



 
 アルト「ドンさん何かイラついてる?」

 ドン「イラついとるわっ!!」

 こーなりゃお前らに当たり散らしてやるっ!と思った矢先、



 
 リュカ「兄ちゃんさ、そんなイライラしないで気分転換にダイアンさんのマッサージにでも行って来たら?
     スッキリするんじゃない?」

 悪意ゼロ。



 
 ドン「お前それは、言ってくれるな・・・」

 リュカの痛恨の一撃に、



 
 リュカ「兄ちゃん、どうした?」

 アルト「ドンさん?」

 またソファへ沈んだドンさんでした。