top sims memo link clap

 ドンさんと愉快な仲間達 45


 
 ドン「お前いい所に引っ越したな〜。プール付きかよ」

 リュカ「夏になったらエマとニナ連れて遊びに来れば?」



 
 リュカ「そう言えばさ、兄ちゃんまたモテだしたんだね」



 
 ドン「モテるっつったって小娘とバァさんだぞ?俺はその中間がいいんだよ」

 リュカ「上手くいかないもんだね」

 カサンドラは中間だよな・・・。



 
 ドン「俺は絶対妥協しないからなっ!!」

 リュカ「ふ〜ん」

 ドン「それにっ・・・」



 
 リュカ「アルー♪」

 ドン「おい、話し途中だそ・・・」

 興味無いらしい。



 
 アルト「もう少しでできるから」

 リュカ「うんうん」



 
 アルト「もーリュカ邪魔、向こうで待ってろって」

 リュカ「んーやだ」

 ドン「・・・・・・・・」



 
 ドン(例えば・・・)

 想像してみよう。



 
 ドン「なぁ、ちゃんと食える物なんだろうな?」

 タラ「当たり前じゃないですか〜」



 
 タラ「ドン先生!そんなにくっ着いてたらお料理できません!あっちで待ってて下さい!!」

 ドン「へいへい♪」



 
 ドン「・・・待て待て、犯罪だ、犯罪」

 の割には少々ニヤけ気味なドンさん。

 ついでにもこちらも、



 
 ドン「なあ〜、もう2時間くらい経ってねぇか?」

 カサンドラ「うるさいわね!待てないなら外で食べて来れば?」

 ドン「・・・じゃあ、そうするわ」



 
 カサンドラ「ひどい!!一生懸命作ってるのに外に行くなんて!!」

 ドン「お前が言ったんじゃねーか!!」

 やっぱり面倒くさい。



 
 ドン「・・・やだ」

 そしてトリ。



 
 ドン「オリーブさん、お腹空いた〜」

 何故甘えモード!?



 
 オリーブ「もう〜ドンちゃんったら〜、もう少しだから待っててね♪」

 そしてこのままブチュ〜・・・。







 
 ドン「待てぇーーーーいっ!!!」



 
 ドン「バカバカ!!俺のバカ!!なんで自分からこんな恐ろしいこと想像してんだよっ!!
    ヤダヤダ恐いよー!!」

 あんた本当に馬鹿でしょ?



 
 ドン「ひーんっっ!!」

 リュカ「兄ちゃん、どうした?」

 ドン「元はと言えばお前らのせいだー!!バカー!!」

 無駄な想像で勝手に苦しむドンさんでした。