top sims memo link clap


 ドンさんと愉快な仲間達 42


 
 タラ「あたし、ドン先生が好きです」



 
 一同「はあ?」



 
 ドン「お前、何か変な物でも食ったのか?マスカラも濃いし」

 タラ「違いますよー、普通に愛の告白です」



 
 タラ「この前いきなり自覚しちゃって、そしたら言わずにはいられなくなっちゃって♪」

 ドン「何言ってんだ、お前は」



 
 ドン「落ち着けよなー、第一、俺とお前でどんだけ歳の差があると思ってんだ?
    間違いなくお前より、お前の父ちゃんとの方が歳近いぞ、俺」

 そだね。



 
 タラ「そう言えば友達にもタラってジジ専だね♪ってよく言われます」

 ドン「誰がジジィだ!!」



 
 ドン「いいか?俺には子供がいるんだぞ。しかもつい最近1人増えたし」



 
 タラ「あたし、仲良くなれる自信あります!!」

 ドン「いや、そーじゃなくて!!」

 タラちゃんウザいくらい前向きだ。



 
 ドン「おまえ今ハタチだろ?年上に憧れる時期なんだよ。俺を好きだと思う気持ちも今は本当だと思う
    かもしれないけど、少し時間が経って本当に好きな奴ができれば、あれは麻疹みたいなもん
    だったって思うようになるから、な?だから少し冷静になれ」

 ドンさん長々と諭すも



 
 タラ「そんな難しいこと言われてもよくわかんないし」

 ドン「・・・(−д−)」

 響かない・・・。



 
 こうなりゃ最後の手段!!

 ドン「あのなー!俺にだってちゃんと相手がっ・・・」

 いたっけ?



 
 ディナ「あっ!!オリーブさんね!!」

 ドン「違う!!」

 結局いない。



 
 タラ「先生、今日は気持ちを伝えに来ただけなので、あたし会社に戻りますね」

 ドン「へいへい。早く目覚ませよ」

 言いたいこと言ってタラちゃんは帰って行きました。



 
 ディナ「あんな若い子から告白されるなんて、やるわねー!さすがドンファン♪」

 ドン「ディナ、てめぇなぁ (− −メ)」



 
 二ナ「パパってば、いきなり娘は増えるわ、娘みたいな年頃の子から告白されるわでなんか大変だね」

 超ヒトゴト。



  
 ドン「あーもー!!次から次へと何なんだよー!!」

 エマ「パパ、頑張って」

 結構、波瀾万丈よね。