top sims memo link clap


 ドンさんと愉快な仲間達 39


 
 ドンさんお仕事中です。



 
 ドン「うん、うん・・・そーだな・・・」



 
 ドン「・・・・・・・・」



 
 じぃぃぃぃ〜〜〜〜。



 
 ドン「〜〜〜〜〜っ」



 
 ドン「お前さっきから見すぎだよっ!ケンカ売ってんのか??」

 ガンを飛ばしてたんじゃありません。



 
 タラ「えへ♪恥ずかしいですか?」 

 ドン「えへ♪じゃねー!!気が散るんだよっ!!」



 
 ドン「大体、締め切り間際でもないのに張り付く必要ねーだろ?」



 
 タラ「だって他にやること無いし・・・」



 
 ドン「仕事は自分で探せよな。用が無いならもう帰れ」

 タラ「あっ、じゃあご飯作ります!先生お腹空いたでしょ?」

 と言うわけでご飯を作ることになったタラちゃん。



 
 ジン「エマ、あれ誰?」

 エマ「知らなーい」



 
 エマ「お姉さん、誰?」



 
 タラ「あら、初めまして。ドン先生の担当のタラです」

 エマ「担当〜?」



 
 エマ「何それ?」

 ジン「お姉さん、おじさんの飯担当なの?」

 本当にそうだったらドンさんなんてイイ身分。



 
 タラ「違うわよ!小説のお仕事のお手伝い!!」

 ジン「なんだ〜。最初っからそう言えよ」



 
 ジン「でも小説の手伝いなのに飯作るんだ」

 タラ「だって、ドン先生に美味しい物食べて・・・」



 
 タラ(そうよね?ご飯まで作る必要ないわよね。でも先生に美味しい物食べてもらいたいし・・・)



 
 エマ「お姉さん、どうしたの?」

 ジン「もしかして、おじさんのこと好きなんじゃないの?」



 
 タラ(やばいっ、そうかも!!さっきだって先生の背中広いな〜とか、ずっと見ていたいな〜とか
    あわよくば抱きつきたいな〜とか思っちゃったし・・・)

 そんなこと考えてたのか。



 
 タラ「・・・好き、かも・・・」

 ジン「マジ?」

 乗せられて強引な自己暗示にかかり恋に落ちたタラちゃんでした。