top sims memo link clap


 ドンさんと愉快な仲間達 32


 
 勝負ヘアに片腕丸出しで気合い充分なディナさんです。



 
 ディナ「ジェイソ〜ン♪」

 猫なで声で呼び出して出てきた相手は



 
 ジョディ「あら、あなた!?」

 残念!!



 
 早速、戦闘開始です。

 ディナ「何であんたが!!まさかここに住んでるんじゃないでしょーねっ」

 ジョディ「さぁ、どうかしら?」



 
 ディナ「冗談じゃないわよっ!!!」

 ジョディ「あなたの都合なんてどうでもいいわよ」



 
 ジョディ「それより今あの子、寝込んでるから帰ってもらえる?」

 ディナ「え・・・」

 ガタイはいいが体は弱いらしい。



 
 ジョディ「あなた、あの子に何食べさせたの?」

 怒り顔が似合うな〜。



 
 ディナ「〜〜っ失礼ね!!例え誰かに盛ったとしてもジェイソンだけには盛らないわよ!!」

 おいおい、ディナさんよ。



 
 ジョディ「この際だからハッキリ言っとくけど、あの子の相手は私が探すから諦めてちょうだい」
   
 ディナ「はぁ??何よそれ」



 
 ジョディ「死んだ両親の遺言なの。あの子は気が弱くてお人好しだから変なのに
      引っ掛からないようねって」




 
 ディナ「あんたね、自分の弟が女に、しかもこんなイイ女に好かれてるのよ!!
     少しはそれをありがたいと思いなさいよ!!」

 負けじと上から目線。

 ディナ「ウチの弟なんかっ・・・」



 
 ジョディ「・・・何よ?」

 ディナ「・・・っ何でもないわよ」

 相手が女ですらないもんねー。



 
 ジョディ「とにかく、とっととお帰りなさい」

 ディナ「様子くらい見させてよっ!!」

 頑張ってみたものの・・・。



 
 ディナ「門前払いって・・・無くない?」

 完敗。



 
 ディナ「ジェイソ〜ン・・・」

 ちょっとかわいそう・・・かも。



 
 ディナ「あ〜、この歳になってこんな前途多難な恋愛をするなんて・・・体力もつかしら?」

 まだ恋愛まで行ってないんですけど・・・。



 
 ディナ「とにかくあの姉を何とか片づけなくては。負けっぱなしじゃあ勝負ヘアにしてくれた
     美容室のお兄さんにも申し訳が立たないわ」

     
 あのお兄さんはもう忘れてると思う。



 
 ドン「おっ、ディナじゃねぇか」



 
 ディナ「何あんた、ニヤニヤして」

 気が立ってるんです。

 ドン「いや〜、最近体の調子が良くてな〜♪」



 
 ドン「それよりお前、そんな腕丸出しで大丈夫なのか〜?」

 ディナ「はぁ?別に大丈夫よ」



 
 ドン「二の腕、プルプルしてないか?」

 ディナ「してないわよっ!!」 



 
 ドン「脇は?冬でもちゃんと処理してんのか?」

 ディナ「あんた、ぶっ飛ばすわよっ!!」

 今日は厄日なディナさんでした。