top sims memo link clap


 ドンさんと愉快な仲間達 31


 
 最近、巷で評判の美容室にやって来たディナさん。



 
 リュカ「あれ〜いらっしゃい、ディナさん」

 ディナ「あんたが勤めてるところだったのか」



 
 ディナ「なんか評判いいみたいじゃな〜い。だから来てみたの」

 リュカ「へ〜、サンキュー」



 
 リュカ「でも俺がやってあげたいところだけど、生憎この後予約が入ってるんだよね〜」

 ディナ「別にあんたじゃなくていいわよ!待たせてもらうわよ」



 
 待っていると、

 アルト「姉ちゃん」

 ディナ「アル、あんた何してるのよこんなところで」



 
 アルト「何って、髪切りに来たんだけど」

 そりゃそうだ。



 
 そして

 ディナ「は〜ん、予約はあいつか」



 
 リュカ「アル、どうする?」

 アルト「少し短くしたい」



 
 リュカ「よしよし、可愛くしてやるからな〜♪」

 アルト「普通でいいよ」

 後ろのディナさんが恐い。



 
 ディナ「か〜っ!!ナチュラルにイチャつきやがってよ〜」

 普通に羨ましい模様。



 
 「おまたせしました。さぁどうぞ」

 ベラドナコーブに住むお兄さんです。



 
 ディナ(わぁーお!!イイ男じゃない!!)

 表情が明らかにロックオンしてる。



 
 「どうしますか?」

 ディナ「勝負ヘアーにして!!」



 
 「しょ、勝負ヘアーですか・・・?」

 ディナ「そうよ!!絶対負けられない相手がいるの」

 これまた偉く漠然としたリクエストだな。



 
 ディナ「だからお兄さん!気合いが入るやつをお願い!!」

 (飲み屋じゃないんだから・・・)



 
 よくわからないリクエストの元、開始。



 
 「はい、できましたよ」

 ディナ「ちょっと、目眩が起きそうなんだけど・・・」



 
 「いかがですか?」

 ディナ「あら!あら!!いいじゃない!!!」



 
 「勝てそうですか?」

 ディナ「勝ってみせるわ!!」

 美容室のお兄さんに誓う!!



 
 こちらは既に終了し、

 リュカ「じゃ、後でな」

 アルト「うん」



 
 ディナ「こらお前ら!!TPOなめんなよっ!!!」

 リュカ「いや、意味わかんねーから」



 
 ディナ「ねえそれより、あの人イイ男ね〜ステキね〜♪」

 リュカ「はっ?」

 さっきのお兄さんのことですな。



 
 リュカ「ディナさんって、もしかしてマッチョ好き?」

 ディナ「やだ〜わかっちゃう?超ー好きなの!!」



 
 ディナ「また来たら指名してあげるって言っといてね」

 おいおい、さっき誓った勝負はどうした?



 
 リュカ「ねぇ、今必死に頑張って落とそうと狙ってる人がいるんじゃなかったっけ?」

 ディナ「もう少し言い方があるでしょ」



 
 ディナ「とりあえず、それとこれとは別よ!!いい?伝えといてよ?わかった?」

 リュカ「・・・あいよ」

 何だかディナさんってたくましい人だなぁ。