top sims memo link clap


 ドンさんと愉快な仲間達 27


 
 ルイーザのママ、フローレンスさん到着です。

 フローレンス「ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありません」

 ドン「いやいや!いいんですよ〜、気にしないで下さい」

 美人には優しいんです。



 
 フローレンス「ルイーザ、いきなり居なくなるから心配したのよ。帰りましょう」

 ルイーザ「やだ!帰んない!!」

 ドン(母ちゃんは綺麗なのにな〜)



 
 ルイーザ「パパもママもマリオばっかり!!怒られるのはいつもルイーザだもん!!」

 フローレンス「それはルイーザが怒られるような事をするからでしょう?」



 
 エマ「・・・・・・・・」



 
 ルイーザ「ルイーザはいらない子なんだ!!」

 フローレンス「何言ってるの。ルイーザもマリオも同じくらい大切よ」

 ルイーザ「嘘!嘘!嘘だ〜!!」

 埒があかないルイーザに



 
 エマ、動く。

 エマ「お母さんが迎えに来てくれたんだよ、帰りなよ」

 ルイーザ「嫌!帰らない!!どーせマリオが居ればいいんだもん!!」



 
 エマ「いらない子なら心配したり迎えに来たりしないよっ!!」



 
 エマ「お母さんと帰りなよっ!!」



 
 ドン「・・・エ、エマ」





ーそして
 




 
 ドン「やっぱり母親が欲しいのかなぁ・・・」



 
 ドン「おぉっ!?」

 1歩出遅れたドンさん。



 
 ジン「あいつ帰ったよ」

 エマ「そっか」



 
 ジン「エマ・・・大丈夫?」



 
 エマ「大丈夫だよ。ルイーザちゃんもお家帰れて良かったね」



 
 ドン(ちくしょー、き、聞こえねぇ)

 なんだか微妙な雰囲気に会話が気になるドンさん。



 
 ぎゅうっ。



 
 ドン(ぬっ、ぬぅわにぃぃぃぃ!!)



 
 エマ「ど、どしたのジン!苦しいよ」



 
 ジン「んー?うちの親の真似。お父さんにぎゅってしてもらうと元気出るって
    お母さんが言ってたんだ」



   
 
 エマ「そうなんだ」

 ジン「うん」

 モヤモヤが少し溶けて心がポカポカしてきたエマちゃん。



 
 一方。

 ドン「あぁ〜エマ〜・・・あの小僧!俺の娘に手を手を・・・」

 おいしい所を持って行かれ娘まで持っていかれそうな?ドンさんでした。