top sims memo link clap


 ドンさんと愉快な仲間達 05



 
 さて、2週間後の土曜日。

 レオ「今日、弟が兄貴の所に顔を出すから帰りに寄って行こうと思ってるんだけど、アキも来るか?」

 アキ「先生、弟さんいたんですか?」

 すみませんねぇ、後付設定ばかりで。


 
 レオ「今、大学生なんだ」

 アキ「大学生・・・。随分歳が離れてるんですね」

 ちなみにレオはディナと同級生という脳内設定です。


 
 レオ「まぁ・・・母親が違うからな・・・」


 
 アキ「・・・そう、なんですか」

 聞いてはいけない事を聞いてしまった!!みたいな心境のアキちゃん。


 
 なのに

 レオ「うっそ!」

 こら。


 
 レオ「じゃあ仕事行ってくるわ」

 アキ「・・・・・・(怒)」





 
 そして午後。弟くんの訪問を待っていると、


 
 登場したのは

 ディナ「お久しぶり〜!!」

 おっぱいを大きくする旅に出ていたディナさんでした。


 
 ドン「おまえ・・・」

 ディナ「言っとくけど、顔はいじってないわよ」

 ドン「聞いてねーよ」


 
 ドン「しかしまぁ、全体的にボリュームが出たこと」

 ディナ「でしょ〜!!」

 かなりご満悦なディナさん。


 
 レオ「うわっ!ディナすごいな。育ったな〜」

 ディナ「まあね」

 ドン「今更育つかっ!!」

 人工物ですから。


 
 エマ「ディナ先生すごーい!本当におっぱい大きくなってる!」

 子供は無邪気。

 ディナ「すごいでしょ〜、エマ〜触ってもいいわよ」


 
 ドン「じゃあドンちゃんも!」

 ディナ「死にたい?」


 
 アキ「あの・・・やっぱり先生も大きいほうが好きですか?」

 レオ「いや〜。好きか嫌いかと言えば好きだけど、アキはそのままでいいから」

 ドン「けっ!!人の家でイチャコラすんな」

 独り身には堪えます。


 
 そしてやっと弟のリュカくん登場。

 リュカ「ドン兄ちゃん久しぶりー!!」

 ドン「おっおう」

 乗っけからテンション高め。


 
 リュカ「レオ兄ちゃんもこっちに戻って来たんだねー」

 レオ「それよりおまえ寮出たのか?兄貴が電話したらここには居ないって言われたって・・・」

 リュカ「あ〜、実はね〜」


 
 ドン「まさか!おまえまで彼女と同棲とか言わないよな??兄ちゃんひがむぞ!!」

 リュカ「違うよ・・・」


 
 リュカ「俺ね、グリークハウスに入ったんだ」

 レオ「へー」

 ドン「なぬ!?」


 
 ドン「おまえ、よく入れたなー。頭悪いのに」

 リュカ「そんなはっきり言わないでよ」

 まあ、顔で入れちゃったという事で・・・。


 
 そして、ディナさんとも久々。

 ディナ「リュカ〜、あんた一段とチャラ男に磨きがかかったわね〜」

 こいつら言いたい放題。


 
 でも全然気にしなーい。

 リュカ「ディナさんこそどーしたの?そのデカパイ!!触っていい??ちょっとだけ触らせてよ〜」

 ディナ「金、取るわよ


 
 ドン「グリークハウスに入ったら今度こそ留年の心配しないで済むかも」

 レオ「いや、関係ないんじゃねぇの?すでに二浪してんだし」

 全く関係ないですね。


 
 リュカ「兄ちゃん達、俺、頑張るよ」

 やっとアップ来た。


 
 リュカ「向かいに女子のグリークハウスが建ってるんだよね〜!俺、頑張って超可愛い彼女るからさっ!」

 レオ「・・・そうかそうか」

 ドン「成績は期待できそうにねーな」

 三男坊は天真爛漫なおバカでした。